ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

熱源機器:モジュールチラー

業界トップクラスの省エネ性と環境への配慮を追求。ヘキサゴンGX

業界トップクラスの省エネ性と環境への配慮を追求。ヘキサゴンGX

カーボンニュートラルの実現を目指し、
さらなる進化を遂げたダイキンモジュールチラー

GXとは、Green Transformation(グリーントランスフォーメーション)の略称で、温室効果ガスを発生させる化石燃料から太陽光発電、風力発電などのクリーンエネルギー中心へと転換し、経済社会システム全体を変革しようとする取り組みを指します。

アプライド製品コンセプトサイト

マイクロチャネル熱交換器と新型圧縮機の採用で
全馬力業界トップクラスの冷却IPLVを達成

冷却IPLV最大8%改善
能力別冷却IPLV(冷却専用タイプ)
能力別冷却IPLV(冷却専用タイプ)グラフ
※2.
空冷モジュールチラー 30〜70馬力 ヘキサゴンフォース32(FB型)とヘキサゴンGX 冷却専用タイプとの比較。散水仕様は除く。(2024年1月現在)

チリングユニットの省エネ効果
IPLVが大切なチェックポイントです。

熱源機の実用的省エネ性能を計るにはIPLVもチェックしてください。

IPLVとは、年間を通じての負荷、外気温の変化から、簡易的に年間を通した効率の判断ができるように定められたものです。

定速機(ノンインバーター機)からの更新でCO2排出量を大幅削減

年間CO2排出量(冷却専用タイプ/冷房のみ)
年間CO2排出量(冷却専用タイプ/冷房のみ)グラフ

[試算条件]
●システム構成:既設熱源/60馬力 空冷定速チラー(UWAP1800G5/2002年発売)×1台 新設熱源/60馬力 ヘキサゴンGX 冷却専用タイプ(UWXA180G)×1台 ● 運転時間:冷房5~10月、稼働日数:週6日、運転時間8~21時 ● 試算基準:期間効率法で算出(自社基準) ※試算は、一定の条件に基づいて相対比較として表したものです。従来空冷定速チラーは消費電力に10%の経年劣化を考慮しています。

オールアルミ製のマイクロチャネル熱交換器を採用し、
冷媒充填量を大幅削減
冷却専用タイプ:冷却専用マイクロチャネル熱交換器
ヒートポンプタイプ:冷暖共用マイクロチャネル熱交換器

冷媒充填量従来機より約60%削減

オールアルミ製のマイクロチャネル熱交換器を搭載。冷却専用タイプとヒートポンプタイプに最適な熱交換器を使い分けました。扁平型で細径化した冷媒流路を多数設け、冷媒と空気の熱を効率的に変換。熱交換効率を大幅に向上し、冷媒充填量を削減します。

オールアルミ製のマイクロチャネル熱交換器
※3.
空冷モジュールチラー 60馬力 ヘキサゴンフォース(R410A)とヘキサゴンGX 冷却専用タイプ(R32)との比較。

低GWP冷媒R32採用+省冷媒化で地球温暖化への影響を削減

冷媒による地球温暖化への影響(GWP換算=GWP×冷媒量)
冷媒による地球温暖化への影響(GWP換算=GWP×冷媒量)グラフ
フロンラベルA

●空冷モジュールチラー 60馬力 ヘキサゴンフォース(R410A)、ヘキサゴンフォース32(R32)、ヘキサゴンGX 冷却専用タイプ(R32)との比較。 削減率は機種によって異なります。

低負荷時の効率をアップし
消費電力を削減する新型圧縮機搭載

高効率集中巻モーターを搭載した新型圧縮機を採用、圧縮機内部での冷媒漏れを低減することで、低負荷時の効率化を実現しました。

新型圧縮機の構造
※4.
60馬力、70馬力クラスの機種において。

クランクケースヒータの制御による待機電力削減

待機電力約15%削減

クランクケースヒータにON/OFF制御を搭載。油切れに配慮しながら通電時間を抑制することで、待機時の消費電力を抑制します。

待機電力削減グラフ
※5.
空冷モジュールチラー ヘキサゴンフォース32(FB型)とヘキサゴンGX ヒートポンプタイプとの年間待機電力比較。

水圧損失低減による
搬送動力低減

ポンプ動力約27%削減

新型水熱交換器の採用と、機内レイアウトの変更により、チラー内部の水圧損失低減を実現。ポンプ動力を低減させ、省エネ性を向上しました。

※6.
空冷モジュールチラー 60馬力 ヘキサゴンフォース32(FB型)とヘキサゴンGX冷却専用タイプとの比較。2.2kWポンプ搭載時に定格流量を流し、従来機と同じ機外揚程を出す条件での消費電力比較。

冷却運転の使用温度範囲を広げ冷却プロセスでの使用用途を拡大

冷却ブライン-15℃対応
  • インバーターポンプ内蔵機でも、外気温度52℃に対応
  • 冷水(ブライン)出口温度−15℃に対応
冷却(ブライン)使用限界
冷却(ブライン)使用限界グラフ

F型構造からY型構造への変更

サービススペース約11%UP

左右対称の構造にすることで、熱交換器性能を最適化。モジュール設置時のサービス性も改善しました。

F型構造からY型構造への変更図解
※7.
空冷モジュールチラー ヘキサゴンフォース32(FB型)とヘキサゴンGXとの比較。

高機能モジュールコントローラーがさらに進化 オプション

  • 1台のモジュールコントローラーで最大16台のモジュールチラーを台数制御
  • 16台のモジュールコントローラーの連動で最大256台のモジュールチラーを統合制御可能
高機能モジュールコントローラー

省エネルギーな送水温度可変(VWT)制御

※Variable Water Temperature

高機能モジュールコントローラーが外気温度の変化に合わせて設定水温を自動変更。 外気負荷の増減に合わせた省エネルギーな運転が行えます。

■制御内容(冷却運転時)
制御内容(冷却運転時)グラフ
■省エネイメージ(冷却運転時)
省エネイメージ(冷却運転時)グラフ

アプライドシステム診断サービスで運用改善

アプライドシステム診断サービスの契約で運転データより物件に最適なVWT設定を提案。
更なる快適性と省エネ改善を両立します。

納入後のサービスも充実

定期的な診断で、効率的なシステム稼働を継続的にサポート

モジュールチラーシステム向け
アプライドシステム診断サービス 有償契約

熱源機やコントローラー※8に蓄積されたデータをもとに、稼働状況を見える化。使用・負荷・環境状況を診断し、冷水設備の劣化具合のお知らせやお客様のシステムに合わせた効率的な使い方の提案など、末長くお使いいただくためのシステム稼働をサポートします。

※8.
モジュールリモコンまたは高機能モジュールコントローラ―を指します。
診断範囲図解
こんなご要望のお客様にオススメ
  • 稼働状況を手軽に入手したい (産業用熱源ユーザー様)
  • 効率的な運転を行いたい (中小規模の空調ユーザー様)
サービス対象は以下のすべてに該当すること
  • 熱源製品ヘキサゴンフォース32(FA型)以降、内蔵ポンプ搭載型
  • 冷水送水方式単式ポンプ方式(二次ポンプ方式は対象外)
  • 冷温水配管ヘキサゴン専用(ボイラーや吸収式などと合流しないこと)

冷媒漏えいを自動で検知※9

充填冷媒量をセンサーで毎日監視・記録する冷媒漏えい検知機能を搭載。万一の漏えいも検知し、電子メールで通報。素早い修理対応が可能となります。

※9.
システム設定条件や中間期の低負荷運転などを理由に機器の稼働が判定に必要な条件を満たせず、漏えい検知判定ができない場合があります。その場合は、従来通り現地での目視点検が必要となります。(事前に通知いたします。)3ヶ月間、圧縮機停止が続いた機器は漏えい検知判定の対象外となります。
クラウドサーバーで漏えい情報データを蓄積
本機能のご利用には DK-CONNECT、アシスネットサービス、エアネットサービス(有償)いずれかのご契約が必要です。詳しくはお問い合わせください。
冷媒漏えい診断機能はJRA GL-17に適合しています。適応対象機種一覧は下記でご確認いただけます。
適応対象機種一覧
ディーケーコネクト

クラウドを介した新しい空調管理

空調・設備の一括管理はもちろん、クラウドならではの機能アップデートが可能

DK-CONNECTは、クラウドを介して空調・設備機器の効率管理を行える、新しい空調コントロールサービスです。

システム構成
DK-CONNECTのシステム構成
※10.
ご利用にあたっては、インターネット接続環境が必要です。別途通信費がかかります。セキュリティが確保された環境でご使用ください。
マルチデバイス対応

場所や時間に縛られることなく空調・設備管理

お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレット端末で遠隔監視。

さらに多彩なアプリケーション

デマンド制御(オプション)

ユーザー管理機能

異常メール通知

機器間連動制御

運転データ取り出し

DK-CONNECTの詳細を見る
アシスネットサービス

手軽にできる空調管理。
フロン排出抑制法が定める点検義務をクリアできます。

定期点検は空調のプロ“ダイキン”におまかせ

簡易点検は専用アプリに従うだけ

お知らせメールでトラブルに早期対応

保全時期の見える化で計画運用

アシスネットサービスの詳細を見る
エアネットサービスシステム

運転状況を常に監視。
ハイグレードな保守管理ニーズにお応えします。

ダイキンが空調機の運転状態を常に把握

データベース活用による故障予知

他サービスとの組み合わせで空調管理がもっと便利に

空調データを元にした運用改善提案

エアネットサービスシステムの詳細を見る

お問い合わせ方法をお選びください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-330-565

0120-330-565

9:30-17:00
(土日祝及び、当社指定休業日を除く)

相談窓口について

ご相談後の流れ、よくあるご質問等、窓口のご紹介はこちら

戻る

お問い合わせ方法をお選びください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-085-022

0120-085-022

9:30-17:00
(土日祝及び、当社指定休業日を除く)

相談窓口について

ご相談後の流れ、よくあるご質問等、窓口のご紹介はこちら

戻る

お問い合わせ方法をお選びください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-881-081

0120-881-081

弊社へご連絡の際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願い申し上げます。
回線の混雑時には数分で切れる場合がございます。その際には、恐れ入りますが時間をおいてお掛け直しいただくか、Webでの修理依頼・メールでのお問い合わせをご検討ください。

戻る

お問い合わせ内容をお選びください

紙カタログ請求は、一般のお客様向けのものとなっております。

設計・施工・販売業者様は、弊社営業窓口もしくは
お近くのダイキンHVACソリューション各社までお問い合わせください。

全国のダイキン空調事業グループ会社一覧

戻る

お問い合わせ内容をお選びください

紙カタログ請求は、一般のお客様向けのものとなっております。

設計・施工・販売業者様は、弊社営業窓口もしくは
お近くのダイキンHVACソリューション各社までお問い合わせください。

全国のダイキン空調事業グループ会社一覧

お問い合わせ内容をお選びください

空調のプロが、最適な商品や設置場所をご提案します

目安時間30~60分

  • ダイキン製品全般に関するご相談が可能
  • 図面や資料を見ながらご相談
  • 製品実物の体感・確認
  • 要予約
  • 来館
  • オンライン
  • ※CLUB DAIKINへの会員登録が必要です。
  • ※事前にご予約が必要です。
  • ※図面作成やお見積は対応いたしかねますので、ご了承ください。
  • ※建築会社関係者さま、同業他社さまは本サービスの対応をいたしかねますので、ご遠慮ください。

戻る

空調お客様サポートサイト

空調お客様サポートサイトにて、製品に関するお問い合わせを受け付けています。
エラーコード一覧、取扱説明書、製品カタログや技術資料などを掲載しています。

空調お客様サポートサイト

戻る